11月16日に行われたサッカー日本代表戦について


2018年1116日(金)に開催された日本代表戦について

 

11月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場で開催されましたキリンチャレンジカップ2018 SAMURAI BLUE(日本代表)対ベネズエラ代表戦において、渋滞等の影響によって多くのファン・サポーターの皆様が試合開始までに到着できない事態が発生したことに関し、この試合を主管した一般社団法人大分県サッカー協会として大変遺憾に思っております。

 

2015年以来の日本代表戦に向けて開催が決定した約1年前から、日本代表チームや対戦国代表チーム、マッチオフィシャルだけでなく、来場いただく多くのファン・サポーターの皆様を万全の体制で受け入れられるように、2015年に同会場にて開催された日本代表戦をベースに、日本サッカー協会、関連自治体、大分スポーツ公園、警備会社、警察などに相談しながら準備を進めてまいりました。

 

しかしながら、試合当日は、通常のラッシュ時の自然渋滞に加え降雨による交通量の増加、料金所近くの複数の事故等による更なる渋滞発生など、2015年の日本代表戦開催時とは異なる要因が加わり、警察をはじめとする関係者の多大なるご尽力にもかかわらず、22時頃まで渋滞が続くというこれまでに経験したことのない状況が発生いたしました。

 

大分県サッカー協会といたしましては、大分県内をはじめ、県外からのサッカーファミリーがより良い環境で観戦できるよう、今後大分スポーツ公園総合競技場でサッカー日本代表戦が行われる場合に備えて、これから関係各所とさらに連携を深め準備に努めてまいる所存でおりますので、御理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

2018年1119

一般社団法人大分県サッカー協会

会長 大場 俊二


Copyright OFA All rigjts reserved.